積水ハウスで後悔しているオプション

積水ハウスで選んでしまったけど個人的には不要だった、あまり使っていない等、導入して後悔している設備(オプション)を紹介します。

エネファーム

積水ハウスで推奨されるエネファームですが当初は可もなく不可もなくという状態でした。

しかし実際にエネファームを5年以上使ってみて感じたのは、後悔しているということのみです。

詳細は下記にまとめましたのでご覧下さい。

積水ハウス エネファームの評判は?価格は?実際に導入してみて感じたメリット・デメリット

もし5年前に戻れるならばエコキュートかエコジョーズのどちらかを導入することを検討したと思います。

なんと言っても最悪だったのは東芝がエネファーム事業から撤退してしまったということです。そのおかげもあってか、サポートが悪くなりました。

家を建ててる時くらいに東芝関連の粉飾決算などがあったため、ヤバそうな気がなんとなくしていましたが、案の定そうなってしまいました。

現在、東芝はエネファーム事業撤退後も保守サービスのみを行う事業を継続していますが、この会社もだいぶ事業を縮小しているので最低限のサポートしか受けられません。

まあ、すでに撤退した事業の儲からないアフターサポートの部署に人員を割くことはしませんよね。

なんとなく点検や修理などで来ていただく社員さんや外注業者さんも元気がなさそうに見えます。

なにかちょっとエネファームの調子が悪いので電話で問い合わせたいと思って電話番号を探してもコールセンターがないんです。

正確にはつながる電話番号があるのですが、ネット上では公開していません。

仕方なくガス会社経由で問い合わせる事になりますので、すぐに返事もきません。

ただでさえ故障が多いと言われるエネファームなのでこれはめちゃくちゃ不便ですね。

ガス温水床暖房

多くの方が満足していると言われる床暖房です。わが家ではガス温水床暖房です。

頻繁に使っていたのは新築後数年間だけですね。

確かに足元が暖かいと気持ちいいですし、快適だとは思います。

しかし最近では1年に10回も使っていません。

ガス代の高さと思っていたより暖まらないというのが原因です。

ガス会社からの都市ガス契約サービスで床暖房は無料で入れてもらっていますのでなんだか申し訳ない気もします。

積水ハウスの鉄骨住宅は断熱性、気密性もそこまで良くありませんので使う場所の広さや開口部の有無等によっては床暖房のみでは心もとないケースもあります。

すると必然的にエアコンを併用することになります。

エアコンだけで設定温度を少しだけ上げてみたらさすが現代のエアコンなのできちんと部屋の奥の足元まで暖まります。

だったら床暖いらないじゃん!となってしまったわけです。

わが家の場合はLDKを広めに作ったのと窓が大きいので暖まりにくいという条件の悪さも関係しているようです。

と言っても、せっかく、付けてもらったので、ごくたまには使うようにしています。

まとめ

わが家で不要だと感じた主なオプションはエネファームと床暖房の2点です。

その他にはた細かい点はたくさんあるのですが、後ほど更新しようと思います!

タイトルとURLをコピーしました