積水ハウスのイズロイエは寒い?暑い?5年間実際に住んで感じた事

積水ハウス

積水ハウスのイズ・ロイエは鉄骨住宅ということもあって、なんだか寒そうなイメージがありますよね。それと夏は猛烈に暑いみたいな。。

実際に5年間住んでいますので暑さ寒かについて感じたことを買いていこうと思います。

イズ・ロイエは夏暑く冬寒いか?結論

結論だけ知りたい方もいらっしゃると思うので最初に書いておきます。

昔住んでいた築50年の家に比べたら、寒くないし暑くない!桁違いに快適です!

ただし断熱性能、気密性能を売りにしているハウスメーカーや工務店に比べると特に冬寒いのは間違いないと思います。

築50年の以前の我が家と積水ハウスのイズロイエを比較

以前、住んでいました築50年の木造住宅と比較してみたいと思います。

今の家のほうが断熱性能は圧倒的に良いですね。

築50年だった旧我が家の特徴

以前住んでいました家はおそらく床下に断熱材が全く入っていませんでしたので、板張りだった廊下やキッチン、お風呂場は猛烈に寒かったです。真冬の季節には寒いというより足が凍るほど冷たかったですね。

また地震などの影響もあってかわかりませんが、あちこち変形し隙間もどんどん空いてしまって隙間風がピューピュー入ってきました。

夜にストーブをつけていますと、必ず窓が大量の結露によって窓はびしょびしょになっておりまして、その水滴でカビが発生したり床が腐ってしまったりしていたようです。

真冬の朝は起きますと、その瞬間から猛烈に寒くて、家の中でも息が白くなるほど。

起きて朝一ですることはストーブを付けることでした。

積水ハウスイズ・ロイエの暑さ、寒さ

5年前に新築した積水ハウスに住むようになってからは凄く暖かさを特に感じるようになりました。ただし、やっぱり隙間は結構多いしエアキスの換気口の件もあるしでパーフェクトとは言えないレベルなのかもしれません。(最近の高性能住宅メーカーと比較して。)

いや、でも個人的にはやっぱり暖かいです。これは大満足です。

今でこそ、積水ハウスはサッシがトリプルガラスを採用しているようですが、私が建てた時はなかったので普通のLow-Eタイプのアルミ樹脂複合サッシです。

遮熱断熱タイプと断熱タイプがあり夏場の暑さも気になったので遮熱断熱タイプを選択しました。

しかし若干の不満点も当然あります。

真夏は二階が夜なかなか逃げずこもってしまい結構暑い

昔の家と比べると随分マシではありますが、うちは、真夏は二階が夜暑いです。想定よりちょっと暑いですね。もう少し涼しいかなと思っていました。

なぜ夜に二階だけ極端に暑くなるのかかははっきりした理由がわかりません。

昼間に太陽で熱せられた鉄骨が夜にその熱を少しづつ発散してるのではないかという感じです。夏場に在宅してる時はエアコンをつけてる部屋以外すべての窓を開けっ放しにしておきます。

雨が降ってきたりして仕方なくすべての窓を閉めますと本当に短時間で猛烈に暑くなりますね。

ですから、昨年2020年は夏の間は常にエアコンを付けて寝ていました。

何年か前まではエアコンを使いすぎると体に悪いと思っていたので、タイマーで3時間付けて寝ていましたが、エアコンが切れる結構寝汗をかいてしまっていました。

でも、最近の研究によると暑い時はむしろエアコンを付けっぱなしで寝たほうが良いとのことで実行しています。

積水ハウスのZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅

ZEH住宅とは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」を言うそうです。

我が家も、このZEH仕様とはなっています。

断熱性で言えば、ZEH住宅仕様にするために多少の制約が出たのと予算が余計にかかった部分もあります。

窓の大きさ、数、デザインなどに制約が出る。

開放感を取ると断熱性は下がります。断熱性を上げるなら窓がなるべく少なく小さい方がよいですね。でも今度は閉塞的で家の中が暗くて日中でも電気を付けることになってしまうかもしれません。

明るく開放的な家が好みだったので、窓の少ない北側にもう少し窓を付けたかった等細かい点はありましたがZEHのために諦めました。

それからバルコニーの断熱材のグレードを上げたりしたので余分に費用はかかっているようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました